企業の悩み相談(経営相談、ISO取得、現場改善、人材育成、IT化、個人情報保護等)

(2020)生産性向上支援訓練の紹介

2020年度ポリテクセンター関西主催『生産性向上支援訓練』の紹介

 

 2020年度ポリテクセンター関西主催『生産性向上支援訓練』の予定

    〜北大阪経営支援マスターズ講師予定〜


 4月7日、緊急事態宣言が発令されて、生活様式が一変しました。

 新たな生活や企業活動の在り方を否応なく、変化させる社会現象にまでなってきています。

 NPO法人・北大阪経営支援マスターズの活動の大きな柱である『人材育成事業』の在り方が

 問われています。こうした状況でこそ、ミッションをどう実践するか問われています。


 2020年度、ポリテクセンター関西主催の『生産性向上支援訓練』(4年目)も大きな岐路に

 あるなかで、5月28日から四條畷市にある製造企業・R社の社員訓練(品質管理:実践編)

 を開催しました。単なる知識の習得ではなく、品質管理の課題を解決する実践訓練です。


 品質は”経営”そのものである。QCDといわれるが

 『CやDは(足し算)であるが、“Q”は(掛け算)である』の認識を製造現場で実践し、

 経営向上へ結びつける実践訓練です。


 理論の整理・習得には、“コロナ対応策”(写真 ↓◆砲妊螢好マネジメントを実践しつつ、

 製造現場では実践研修(写真)を実施しました。(5月28日)


   写真

    <開講>

   写真

  (理論武装も) 

   写真

   現場で実践 

20200529164857.jpg
 
20200529164857_1.jpg
 

20200529164857_2.jpg

 


当該訓練には、企業の実態に即した”オーダー型訓練“とポリテクセンター関西主催で

一般公募する“オープン形式の訓練”の2種類があり、

現時点で前者を2社、4回、後者も4回(6,7,8,9各月)計画しており、

当団体が実施機関(講師派遣)として開催予定です。

 

本訓練の開始以来、当団体は毎年、10数テーマの研修・訓練を実施し、

地域企業中心に生産性向上への支援(共同)をしてきています。

今年はコロナ禍で困難が予想されますが、最新の注意を払って進めたいと思っています。


【添付資料】

      一般公募するオープン形式の『生産性向上支援訓練』の計画内容を添付しています。


                                                                                       担当理事・山崎和章


 





2020年度生産性向上支援訓練計画表(5月28日時点).pdf (77KB)