企業の悩み相談(経営相談、ISO取得、現場改善、人材育成、IT化、個人情報保護等)

(H26)新入社員研修の紹介

平成26年度 新入社員研修の概要

 

平成26年度 新入社員研修の概要

 

  平成26年度に実施いたしました『新入社員研修(社会人の基礎から業務の実践研修)』 
  の概要を紹介いたします。 
 
  この新入社員研修は、学生から社会人としてのルールや心構えを学ぶ一歩として、 
  ビジネスマナーだけでなく、学生と社会人の違いを認識し、実際の仕事に必要な実践的な 
  プログラムを用意した研修です。 
 
    <4月> ・・・ 導入教育のための社会人の基礎研修 
    <中間> ・・・ 少し仕事に慣れてきた実践的にフォローアップ研修 
    <6ヶ月後> ・・・ 研修期間を経て実践への自立を意識して、 
                  研修の振り返りと自己目標設定と決意表明 
 
  また、この新入社員研修には、厚生労働省の“キャリア形成促進助成金”を活用しており、 
  参加企業の新入社員研修費用の負担を削減しています。 
 
  今年度(平成27年度)も引き続き、このような新入社員研修を継続していきます。 
 
 ■研修概要 
    延べ日数=15日間 
      。慣遏複憩間) ・・・ 初期集中研修(社会人の基礎研修) 
      ■況遏複各間)   ・・・ 中間実務研修(効果的な仕事の進め方実践研修) 
        7〜8月(3日間) 
      9月(2日間) ・・・ 最終研修まとめ(研修総括) 
 
 ■企業の反響 
    製造業、飲食業、建設業の計6社20名が研修に参加し、参加企業から以下のような 
    研修評価をいただいています。 
 
     <悪い評価> 
        仝修のまとめを責任者経由社長へ報告するよう指示していたが、できていなかった。 
        ■供腺厳遒巴羇峺修(3日間×2回)は業務慣れした時期、参加させづらい。

           (現場意見から) 
 
     <良い評価> 
        仝修で“あいさつ”“声出し”等、執務態度改善や業務報告・連絡等に業務の進め方

          で改善 
        他企業との合同研修で、自社を見る目も変化があり、合同研修は良かった。 
          採用者の少ない(2名以下、3社)企業の訓練が、充実した訓練になった。 
          地域の企業を知り、今後の会社生活に有効だと受け止められた。 
        参加者は、高卒(18歳:7名)から第二新卒者(37歳)までと幅広い参加者だった。 
          高卒者は、半年後に、企業人としても基礎的マナーに大きな成長が見られた。 
 

      <研修風景>

 

20150222202326.jpg